基本物資
■玄米は残留農薬検査、カドミウム検査を年2回実施しています。
■精米はとう精工場で毎月とう精時に品質検査が実施されています。
■全加工委託工場のパン、米飯を年1回衛生検査機関に委託して一般細菌数、大腸菌群数検査を実施しています。
■全米飯加工委託工場の米飯ととう精委託工場でとう精した精米を年1回食味の向上を図ることを目的に専門検査機関に委託して食味分析を実施しています。
■夏季における学校給食用パン・米飯原材料の品質保持のため加工委託工場の原材料保管状況を確認し、保管指導等を実施しています。
■小麦粉は製粉会社で毎月製粉時に品質検査が実施されています。
■パンの品質向上を図るため年1回関係行政職員、栄養教諭、学校栄養職員、製パン業者、製粉会社等により「パン品質調査」を実施しています。
■学校給食用パンの品質向上を図り、児童、生徒においしいパンを提供するため年1回学校給食用パン技術講習会を全加工委託工場を対象に製粉会社の専門家を講師に開催しています。
■パンの副原料として使用される脱脂粉乳は、ニュージーランド、オーストラリアからの輸入品を使用していますが、学校給食に使用する場合は関税が免除されています。
学校給食用脱脂粉乳の取扱については、別紙【PDF】をご覧ください。
サイトマップ
公益財団法人 広島県学校給食会
広島県東広島市西条吉行東1丁目4-42
TEL:082-422-8833 FAX:082-423-3900
MAIL:hiro34@hiroshima-gk.or.jp
Copyright (c) 公益財団法人広島県学校給食会. All Rights Reserved.